コラム

リアルショップとネット通販

リアルショップを中心に展開している企業の場合、ネット通販で併売してもなかなかうまくいかないものです。なぜなら、ネット通販をきちんと運用していくためには、IT系の知識・経験に加え、マーケティングの素養もあわせ持った二刀流の社員が必要となるからです。しかし、その二つを持つ人材はきわめて稀です。AI導入事例となった企業の場合、導入時プロジェク卜のリーダーになっていた人が経営コンサルタン卜出身の方で、データ解析からのロジカルな戦略策定などのご経験が豊富であったため、AIシステムの活用もスムーズにできた、というのは極めて稀なケースかもしれません。Eコマース、ネット通販の世界では、顧客の住所、年齢、購入履歴、サイ卜内の閲覧履歴などが当然のように記録・蓄積されます。これに対し、リアルショップでは、購入してくれたお客様の売上情報以外、つまり来店されたお客様全般に関して何もわかっていない、データさえ残っていない、それが現状です。Eコマースのデジタルマーケティング手法は「現在のビジネスにおける世界標準」ともいえるものです。そのことをわれわれは日々、実感しています。しかし、今までリアルショップの世界でのみ働いてこられた人の場合、なかなかそこを理解していただくのは難しいというのが現実です。だからこそ、リアルショップ側でもファクト・データでお客様の属性をつかみ、現在、Eコマースでやっているデータ分析と同程度のレベルで分析することが求められているのです。まさにそこにAI企業がお手伝いできるところがあるのかもしれません。

おすすめ